Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://g10n.blog44.fc2.com/tb.php/1-0e50ee74

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「フリーランチの時代」 小川一水 早川書房

「フリーランチの時代」 
フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫 JA オ 6-8)フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫 JA オ 6-8)
(2008/07)
小川 一水

商品詳細を見る
小川一水 早川書房


「生きる?それとも死ぬ?」
「・・・生きたい」
「いいえ、希望を訊いているんじゃないの。゛選ぶの゛。生きる?死ぬ?」
「生きる」
「フリーランチの時代」より抜粋


「第六大陸」「復活の地」の小川一水の短編集。

小川一水は「復活の地」一巻しかよんでいなかったのですが、期待どおり楽しめました。

火星でのあっさりしすぎで驚愕で果ては人類全体を巻込むファーストコンタクトを描く表題作「フリーランチの時代 」。

大事故にあい、借りの身体と自分の身体という二人の「自分」を手に入れてしまった少女の物語「LIVE ME ME」。

宇宙のひきこもり個人運送業者のお話「SLOWLIFE IN STARSHIP」


貧富の差を解消できないままいつのまにか不老不死を手に入れてしまった人類の行方を追った「千歳の坂も」


「時砂の王」のスピンオフ「アルワラの潮の音」

全般的なテーマは明確です。「如何に生きるか」。いずれの物語も、主人公たちがその選択に悩んだり、決心したりします。

テーマが明快でなおかつ文体が平易なおかげでするするっと読めました。短編集はもう一冊あるみたいなので探してみようかと。

個人的には二作目が気に入りました。そういうオチか!
女って強いねぇ。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://g10n.blog44.fc2.com/tb.php/1-0e50ee74

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。