Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://g10n.blog44.fc2.com/tb.php/7-ad9e2c31

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] リンクを張って頂きましてありがとうございます

こんにちは。poppenです。

リンクを張って頂きましてありがとうございます。
書評にもなっていない走り書き程度のものでしたが、内田様がフロストを読み始めるきっかけとなったとのことで非常に嬉しいです。

先日、最新刊の『フロスト気質』を読み終えました。こちらもとても面白かったので、『フロスト日和』の後はぜひ、『夜のフロスト』→『フロスト気質』と読み進めることをオススメする次第です。

♯ mixiの方に書き込まさせて頂こうかと思いましたが、ちょっと遅くなってしまいましたのでblogにコメントさせて頂きました。

[C2]

おお、最初のコメント! ありがとうございます。

フロストは個性的で憎めないキャラですね。とりあえず順次読破していこうと思います。今は「ナヴァロンの要塞」ですが(汗)。

今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2008-08-28
  • 内田弘樹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「クリスマスのフロスト」

クリスマスのフロスト (創元推理文庫)クリスマスのフロスト (創元推理文庫)
(1994/09)
R.D ウィングフィールド

商品詳細を見る


「私には、あのまま素通りすることだってできた。あの女性が投資しようとどうしようと、知らん顔を決め込むことだってできたんだ」
「しかしあなたにはできなかった」とフロストは言った。「そんなことの出来る人間じゃないんですよ、あなたは。このおれとよく似てる。われわれみたいな人間は、ただしいことをやって、その見返りに面倒を背負いこんでしまいます。ところで、煙草をお持ちじゃないですかな? 持っていたら、一本恵んでほしんだが……」

「そういえば、友人ち賭けをして痰壷の中身を飲んだ男の話は聞かせたかな?」
「ああ聞いた――なんとも悦ばしい話題だな。飯どきだっていうのに」


 Poopenさんの「ぽっぺん日記」で紹介されていた一冊。
 ミステリーに手をだすきっかけが欲しいな~(きっかけがないと出来ない意思薄弱さorz)と思っていたところに、面白そうな書評を見つけたので、思わず密林でぽちっと。数日で読了。

 イギリスのデントン警察に勤めるフロスト警部は、下品で、女好きで、いいいかげんで、書類仕事が大嫌いで、口が悪く、ドジで、でたらめで、結果オーライで、しかも極度の仕事中毒者のカッコわるいおやじ。しかし人情に厚く、正義感が強く、仲間からも慕われている。そんな彼のもとに、ロンドン出身の若い新米エリートが来たとたん、数々の事件が発生する……。同僚が病気となり、事件解決の責任者となってしまったフロストの運命やいかに?

 とうわけで読了。ミステリと正面から銘打った作品は初めて読んだのですが、これは面白かった!
 この作品の魅力は、ともかくフロストの言動に尽きるでしょう。だらしなくて冴えないオヤジなんだけれども、良いところも悪いところも両方あって、それがたまらん魅力となっています。ホント口悪いし(笑)。しかし、そのフロストが事件解決のために駈けずりまわるのが面白い。推理もへったくれもあんまりないんですが、そんなところもまたイイ。
 最初はコロンボみたいなキャラかな? と思いましたが、フロストはコロンボほど頭よくないし、わざとスキを見せて相手の隙を誘ったりもせず、とにかくできることを自分の流儀で出来る限りやっていくのがいいですね。

 あと、フロストの周囲の人間関係も、ありがちですが秀逸。新米のエリート、昇級のことしか考えていない俗物な上司、理解ある仲間たち。フロストが活躍するために配置されたとしかいえない絶妙なキャラクターばかり。いいなぁ。

 あと、本作は、いくつもの事件が、時間差攻撃のようにほぼ同時に発生し、それを刑事が追いかけてくる「モジュラー型警察小説」という「かたち」ですが、読んだあとに「こういうものか~」と思って納得してみたり。仮想戦記だと、同時にいろんな曲面で戦いが進むのはよくある展開ですが、それを一人が追いかけるってのはなかなかないですね(「覇者の戦塵」シリーズの蓮見大佐……は違うか)。最後まで真犯人がわからず、何かどうつながるかも最後までわからなかったのですが、別段気にすることなく楽しめました。

 というわけで、次の「フロスト日和」も密林でポチっと(近所の本屋になかった)。
 イギリスでは、TVドラマ化されているみたいですね。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://g10n.blog44.fc2.com/tb.php/7-ad9e2c31

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1] リンクを張って頂きましてありがとうございます

こんにちは。poppenです。

リンクを張って頂きましてありがとうございます。
書評にもなっていない走り書き程度のものでしたが、内田様がフロストを読み始めるきっかけとなったとのことで非常に嬉しいです。

先日、最新刊の『フロスト気質』を読み終えました。こちらもとても面白かったので、『フロスト日和』の後はぜひ、『夜のフロスト』→『フロスト気質』と読み進めることをオススメする次第です。

♯ mixiの方に書き込まさせて頂こうかと思いましたが、ちょっと遅くなってしまいましたのでblogにコメントさせて頂きました。

[C2]

おお、最初のコメント! ありがとうございます。

フロストは個性的で憎めないキャラですね。とりあえず順次読破していこうと思います。今は「ナヴァロンの要塞」ですが(汗)。

今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2008-08-28
  • 内田弘樹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。